私の節目。

f0037726_11245660.jpg


                       ***たがやさんのはちのブローチ***

                 はちは『繁栄・子宝』・『金運の上昇』・『幸福・長寿』のシンボル



書くつもりはありませんでしたが、自分の大事な節目の記録として書いておこうと思います。

やっとやっと一区切り。

2011年、東日本大震災の年に乳がんを発症。

抗がん剤、手術、ホルモン療法・・・。

一通りの治療を終了し、半年に一度の定期検査となりました。

長かったな。

乳がんの再発は10年過ぎても起こり得ると言われてます。

ずっと付き合っていかなければならない病気。

けれど実際生きてるし、笑えてるし、美味しいものも食べて、友達と旅行にも行って、

子供達の成長も見ることが出来て、私はとても幸せです。

ありきたりですが、病気をしなければ気が付かなかったことが沢山あります。

自分自身を大事にしてないと何度も何度も色んな方々から

忠告されてきました。

無意識に無自覚に頑張りすぎてしまっていたようです。

病気をすることによって人に甘えることを覚えました。

自分に出来ることを自分の身の丈に合わせられるようになりました。

病気のお蔭で生きやすくなりました。

そして周りの事ももっと見えるようになりました。

ありがたいことに、家族や友人、職場の上司、同僚、本当に沢山の方々に支えて頂きました。

家族は私の身体の調子によって動けない時も支えてくれ、

具合が悪いとどうしてもネガティヴになりがちの感情を受け入れてくれて、

子供たちも思春期の難しい時期だったにも関わらず、家の手伝いを率先してしてくれました。

友人は気がまぎれるようにと楽しいイベントの企画をしてくれたり、

職場ではどうしても私が必要だとおっしゃって下さって居場所を作ってくれました。

一人じゃ乗り越えられなかった辛い治療を、

そういった皆さんのお蔭で踏ん張れました。

主治医の先生や看護師さん、そして同じ病気を患い病院で知り合った方々。

生きていけるか不安で、弱音を吐き、苦しい胸の内をひたすら聞いてもらったり、

抗がん剤のしんどさをお互い愚痴ったり(笑)

どれだけ人って人に支えられているか。

私も関わる人すべてにと言う訳にはいかないかも知れませんが、

支えられる存在になれたら・・・と思います。

みんなに支えてもらって今の自分が居ます。

今度は恩返しの番。




[PR]
by tig_hug | 2017-11-22 06:26 | 私達

***Je devrais etre je***


by tig_hug
プロフィールを見る
画像一覧