病気の話

先日、具合を悪くし寝込んでました。
今年の2月にも同じ症状で寝込んでたので
今回はなる前になんとなく分かっちゃった。
子供のなる病気と思っていたのはじめになった時はビックリ!

その病名は『溶連菌感染症』
症状としてはのどの痛み、発熱、全身に細かい発疹、苺舌、腹痛や嘔吐など。
あたしの症状はのどの痛みと発熱ですみましたが
何度もなるのはもうごめんって感じ。

2月の時点で分かった時、2週間抗生剤を飲み続け、
尿検査で反応が無かったので大丈夫だと思ってました。

先生に何度もなるのはなぜか?予防法は?と聞いたところ
細菌を保持していた可能性があったり
家族で菌をもっていたりetc・・・・。
予防法はとくには無いそうです。

今回の治療では抗生剤を飲み続け、
尿検査だけでなく、のどの検査もしてもらい
その後またしばらく抗生剤を飲みましょうと言われました。
それでもまだ続くようだったら扁桃腺の手術という手もあるとか。

やっぱり主婦だし、仕事もしてるし、家族や職場に迷惑も
あまりかけられないのできちんと治したい。

今回の体調不良で学んだことはやはりお医者さんとのコミュニケーションを
上手にとって、治療方針を分かるまで話すという事。
今までは具合が悪いから病院に行って先生とチラッと話して薬貰って
はい、終わり。
これではダメですよね。
自分の体にいい加減過ぎた。
 
もう確かに30歳半ばとなると若くは無いよね 笑
自分の体は自分で守ろうと決意しました。

そんなあたしの小さな小さな決意表明です  笑
[PR]
by tig_hug | 2006-05-17 20:20 | 私達

***Je devrais etre je***


by tig_hug
プロフィールを見る
画像一覧